SDGsの取り組み

株式会社山添製作所のSDGsへの取り組み

ヤマシナグループの一員として不可能を可能に変える斬新で安全な技術を、世界の産業に広く安定供給し、すべての人のすばらしい未来と豊かな生活に貢献する事と経済・社会・環境に配慮した責任ある企業活動にグループ全体で取り組むことでSDGsの達成に貢献します。60年にわたり環境に調和したモノづくりを通して顧客の満足と信頼を創意工夫で実現し社会に寄与してきました。これからも冷間圧造技術をコアテクノロジーとして業種にとらわれずお客様が抱える様々なニーズに挑戦し続けることによって、多岐にわたる分野でのSDGsの達成にも貢献してまいります。

 

埼玉県で「2050ゼロカーボン」を実現するために

埼玉県では、2030年度における温室効果ガス削減目標(2013年度比 26%削減)を示し、「脱炭素化が進み、気候変動に適応した持続可能な埼玉を」将来像に掲げ、温室効果ガスの人為的排出と吸収を均衡させた「脱炭素社会」の実現を目指しています。ヤマシナグループの一員として、SDGs達成に貢献し将来の世代も安心して暮らせる、持続可能な経済社会を作るため、この目標に取り組んでまいります。

 

すべての人のすばらしい未来と豊かな生活に貢献する

山添製作所は、従業員がやりがいを持って仕事に取り組める環境改善への取り組みを行い、地域社会への貢献並びに企業活動を通じ、すべての人が幸せになるような未来社会の実現に貢献していきます。

 

ESGを意識した企業活動の推進

Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)を意識した持続可能かつ具体的な目標を掲げることで、事業領域の拡大につなげ、ヤマシナグループにおける事業のサステナビリティ(持続可能性)の向上に努めることで、将来的にSDGsの目標達成の実現にも貢献します。

【E(環境)】 環境マニュアルの継続遵守と全社環境目標の達成(ISO14001)

【S(社会)】 品質マニュアルの継続遵守と全社品質目標の達成(ISO9001)

。。。   。。。働き方改革、労働安全衛生に注力した従業員の労働環境の整備と健康増進

【G(企業統治)】 リスク管理とコンプライアンス遵守による社内ガバナンス強化の推進